ブログトップ

S,M,Art

rinmu.exblog.jp

山3/2012 東海自然歩道

日時:2012/4/30
場所:東海自然歩道(春日井コース)

とぽとぽと、東海自然歩道を歩きました。
散歩をする近所の人や、トレランの人もいて、こういう山歩きもいいもんですね。
[PR]
# by rinmu1229 | 2012-05-01 00:10

岩15/2012 御在所前尾根 アイゼントレーニング

日時:2012/4/29
場所:御在所岳 前尾根
参加者:Mい、Sき

合宿前の最後のアイゼントレーニングにいってきました。登山教室のようなものが催されており前尾根は人が多かったけど、最後尾で待って、11時過ぎにスタート。途中で前のパーティーに追いつく事もしばしばあったけど、17時頃には裏道へつながるコルへ辿り着く事が出来ました。

そして、この日はアイゼントレーニングを初めて数ヶ月、初めて裏道から帰れました。(お祝いに焼き肉を食べにいったのですが、肉の日とかさなって、こちらも大渋滞。もちろん待って、RPしました☆。)積雪期でも、3人パーティーでも、ちゃんと裏道から帰れるようにこれからもがんばるぞ〜!
[PR]
# by rinmu1229 | 2012-05-01 00:07

岩14/2012 瑞浪屏風岩

日時:2012/4/28
場所:瑞浪 屏風岩
参加者:Sぐち、Mい、Sき、Nい

奥のスラブ(5.9程度)でアップをし、「ゆうことやよい(5.10cハンドクラック)」、「アームロックききますか?(5.10aチムニー?)」にトライ。

「ゆうことやよい」はとりあえずノーテンで抜けられたけど、すこしやればRP出来ると思う。「アームロックききますか?」は辛かった・・・。やってみたらわかる・・・。

翌日は程よい筋肉痛でした。
瑞浪もそろそろ虫が多くなってきましたね。
[PR]
# by rinmu1229 | 2012-05-01 00:02

山2/2012@涸沢岳西尾根

日時:2012年4月14日~15日
場所:涸沢岳西尾根
メンバー:Mい、Sと、Sき

GWにいく春合宿の退路の確認ということで、涸沢岳西尾根に行ってきた。

4/14(土)
0200春日井出発==>0600新穂高温泉到着==>雨なので様子見==>0800駐車場出発==>1130白出沢==>1700BC(2400m)到着

1日目は雨。天気は回復方向にあったため、傘をさしてのぼる。トレースはほぼなく足首〜ヒザラッセルが続く。ラッセル要員になった時点で傘をしまう。雨を含んだ雪は重く、靴もぬれる。赤布はしっかりとついていた。2000メートルくらいから霙になって、雪に変わった。BCについた時点ではほぼ降っておらず、とても綺麗な笠ヶ岳が見えた。

c0015132_21353841.jpg

(長い林道)

c0015132_21354867.jpg

(尾根にとりつく)

(日曜日)
0530出発==>0700JP==>蒲田富士==>1100涸沢岳ふもと==>1530/1600BC==>1800白出沢==>2030新穂高温泉

2日目は快晴。下りで気をつける分岐を確認しながら、相変わらず重い雪をかき分けて登っていく。蒲田富士の手前辺りから細いリッジが続く。鎌田富士を過ぎ、1ピッチの登攀を楽しんだ。(本当は巻く事もできたのだけど、直登した。)そこからはアイゼンのつま先を雪(正確にはぐずぐずな雪の下に隠れた氷や岩)に突き刺しながらの行程が数時間続く。さすがにヒザが痛い。雪崩の音も所々で聞こえる。快晴だけれども、アイゼンをちゃんと刺して歩かないと、滑落する。バイルをしっかりさすので、手も疲れてくる。

辛くても逃げる場所はないのであきらめれない・・・とりあえず頑張る。ぎりぎりまで粘りたいとのことで、退却時間を1時間延ばし11時までがんばったが、涸沢岳まであと少し(目の前に見えていた。おそらく片道30分くらい)のところで敗退。この時点で迷いそうな尾根の分岐はすべて確認できていたので、後ろ髪を引かれる想いもありながらも、下山開始。

下山は上りよりも辛かった。天気がよすぎて雪は更にぐずぐずし、雪庇に割れ目が入り始める。手足には疲労が出始め、思ったようにスピードは上がらない。結局蒲田富士〜涸沢岳は行きと同じくらいかそれ以上に時間がかかった。この行程がほぼ2泊3日で行われる理由がわかった気がする(笑)

BCまで戻って、一休みしてからはひたすら下山。なんとか白出沢に日のあるうちに到着し、そこからはヘッドライトを付けてワカンを履く。

c0015132_2136738.jpg

(朝の景色)

c0015132_21364659.jpg

(蒲田富士)

c0015132_21404469.jpg

(リッジを進む)

c0015132_21441064.jpg

(がんば!)

c0015132_21392084.jpg

(テラテラ)

c0015132_220013.jpg

(こんな感じの所をひたすらトラバース)

c0015132_21385496.jpg

(目指すは・・・)

(まとめ)
・歩き方がまだまだ下手(小股で歩くと雪にハマらない?)
・バテにくい行動食
・3人だからか時間がかかる点も多く、スピード重視の判断、行動が必要。
・いつか1泊2日でリベンジしたい。
[PR]
# by rinmu1229 | 2012-04-16 12:45

岩13/2012 御在所アイゼントレーニング

日時:4月8日(日)
場所:御在所 一壁
参加者:M井、Sと、Sき

今日も御在所でアイゼントレーニング。
天気はよいはずだったのに、前日雪が降ったのか、一壁までは雪と氷の世界・・・。途中からアイゼンをはいてアプローチを歩きました。

で、岩場はというと、ガバにたまった水が凍っていて、しかもその上に雪がついているという最高のコンディション。こんなの望んでも出来ないという事で、1ルートと3ルートはリードをさせてもらいました。

3ルートは2テン・・・とふがいない結末でしたが、アドレナリンが沢山でて楽しかったです。
[PR]
# by rinmu1229 | 2012-04-11 00:54

岩12/2012 御在所アイゼントレーニング

日時:4月1日(日)
場所:御在所 一壁
参加者:M井、Sと、Sき+女子会4名

今日は御在所でアイゼントレーニング。
本当は立山にいく予定だったのだけど、天気が悪く、雪崩も心配ということで。

初めての一壁は、とても高く・・・怖いwでも、不安定なアイゼンの使い方、体重の掛け方をした方がよけい怖いので、落ちないように頑張りました☆

c0015132_2314782.jpg


0ルート、1ルート、2ルート、3ルートを合計7本登って、時間の関係で1ルートと2ルートしかリードできませんでしたが、レッドポイントしましたよ(笑)いやぁ、それにしても痺れますねー、アドレナリンが止まりませんでした。

しかも途中で雹が降るわ、風は強いわ、壁に氷は残っているわ、、、とあまり環境は良くなかったのですが、そういう環境も良いトレーニングだと思えば問題なし。ポジティブに。

c0015132_235594.jpg


次回は1日10本を目指すのと、一壁までのアプローチ時間を1時間以内にしたいのと、10回登るうち3回はドライツーリングをやろうと思っています。山ではどんなシチュエーションがでてくるかわからないので、どんな状況にも対応できる力を身につけておきたいです。(いつも3人で登っているのでよけいに時間がかかってしまうのです・・・)
[PR]
# by rinmu1229 | 2012-04-02 23:07

岩11/2012 南山アイゼントレーニング

日時:3月25日(日)
場所:南山
参加者:M井、Sと、Sき

今日は御在所で一壁を登る予定だったのだけど、朝6時に到着した時点では雹や雪や雨が降るという不思議な天気。1時間寝て待つも回復しないので、急遽南山でトレーニングをする事に。

とりあえず10本という目標を立てて、いろいろなロープワークのシチュエーションを想像しながら、前の二本をしっかり使う事を意識してトレーニングしました。

c0015132_22292257.jpg


雨がぱらついていたけど、結局途中で本降りっぽくなって終了。しっかりトレーニングできたと思います。初、南山でした。
[PR]
# by rinmu1229 | 2012-03-25 22:30

岩10/2012 石尊稜

日時:3月21日(火・祝)
場所:八ヶ岳 中山尾根
参加者:K谷、M井、Sと、Sき

今回の登攀の中で、一番しっくりと登れた石尊稜。中山尾根は登攀技術が不足しており、阿弥陀岳北稜は比較的簡単で、このルートが登攀もちょうど良く、ロープワークも多くこなせ、雪稜歩きも気持ちよかった。来年は自分たちだけで、ここから始めたい。

c0015132_1475471.jpg


c0015132_1482380.jpg


c0015132_1484185.jpg

[PR]
# by rinmu1229 | 2012-03-22 01:49

岩9/2012 阿弥陀岳 北稜

日時:3月20日(月)
場所:八ヶ岳 阿弥陀岳北稜
参加者:K谷、M井、Sと、Sき

昨日とは打って変わって快晴。阿弥陀岳北稜は結構短く「さくっ」と終わってしまいましたが、昨日の疲れを癒すにはちょうど良い、気持ちよい登攀が出来ました。

c0015132_1421572.jpg


c0015132_142354.jpg


c0015132_1425170.jpg

[PR]
# by rinmu1229 | 2012-03-22 01:44

岩8/2012 中山尾根

日時:3月19日(日)
場所:八ヶ岳 中山尾根
参加者:K谷、M井、Sと、Sき

今日から3日間の八ヶ岳登攀合宿(勝手に命名)!!

21:30に春日井を出発し、12時頃美濃戸駐車場へ到着。そこでテントをはり、朝6時頃出発(9時頃に赤岳鉱泉到着)。

前日からの悪天候がなんとか回復しつつあり、どんより曇り模様だったが、10時頃から中山尾根へトライすることとなる。(取り付きの手前で同会のT津ガイドとであい、ベルグラが張っているとの情報を入手。)

1P目。私がリード。

岩に氷が張ってて(これをベルグラという)ぜんぜん岩はつかめないし、バイルも刺さらないし・・・ということで、悪戦苦闘するも、無事上まで抜けることができました。(厳冬期の前尾根みたいだった)

その後はあまり記憶にないですが、上部岸壁は悪すぎて、K谷さんがリードをしてくれました。自分で作った「あぶみ」を使って登りましたが、辛かった・・・。

そしてそこを4人で登りきったのが、18時頃。もうヘッドライトが必要で、そこから2時間くらいかけて山頂へ抜けました。

山頂ではビバークか!?と想像させる場面もありましたが、リーダーが帰路を見つけ出してくれたので、無事22時に下山。

c0015132_1395426.jpg


c0015132_140135.jpg

[PR]
# by rinmu1229 | 2012-03-21 12:40